院長あいさつ & スタッフ紹介

米子 ロータス治療院 森田大輔 院長

 

◆ 院長あいさつ

 

ロータス治療院のホームページへようこそ!

院長の森田 大輔(もりた だいすけ)です。

 

体育大学出身で見た目はガッチリ系ですが、とっても優しい治療をしています。

当院のコンセプトにもある「快食・快眠・快便」は本当に素敵な言葉です。自律神経が整い、私たち誰もが持っている自然治癒力が発揮されること=「健康」をより具体的に分かりやすい言葉に凝縮しました。この3つの言葉の実現に、はり・きゅう や ロミロミ が大きな力を発揮します。

 

スポーツトレーナーをめざし鍼灸師となったものの、はり・きゅう治療は肩こり、腰痛、運動器疾患を治すだけではなく、内臓機能の向上やホルモン分泌を正常に近づける効果ももたらすことを知り、実際に私が初めて治療を受けた際にお腹が温かくなり、体調が良くなっていくのが体感できました。この感動が今の自分の治療の基礎になっています。

 

常に明るく笑顔で元気いっぱいであることが施術者にとって一番大事なことです。元気のエネルギーを手のぬくもりを通して伝えられるように、自分自身も充実した生活を心掛けています。体調を改善、向上していくお手伝いをしていきますので、ぜひ一度ご来院ください。

 

●略歴

1978年生まれ AB型 新潟県出身。

日本体育大学卒業 (1998年ラクロス全日本ユース代表)

日本鍼灸理療専門学校(花田学園)卒業

整体院、接骨院、鍼灸治療院勤務を経て2010年9月、二子新地にてLotus(ロータス)を開院

2016年2月「ロータス治療院」として、鳥取県米子市へ移転

 

所属:長野式臨床研究会 東京支部

 

米子 ロータス治療院 ロミロミ 森田宮子

 

◆ スタッフ紹介

 

こんにちは。鍼灸師でロミロミセラピストの森田 宮子(もりた みやこ)です。

美容鍼とロミロミを担当しています。

 

昔から世界中で愛されている蓮(ロータス)は、根を張る場所が泥の中であっても、地上に出ると高貴で美しい花を咲かせます。私達は毎日を頑張りすぎたり心と体を働かせすぎてストレスを溜めてしまいがちですが、ここ「ロータス治療院」が皆様の笑顔をいう花を咲かせるためのきっかけになれれば・・・そんな祈りと願いが治療院の名前に込められています。

 

小さな治療院 兼 サロンではありますが、ほっとリラックスして頂ける雰囲気づくりを心がけ、皆様をお迎えいたします。どうぞ心身を癒すひとときをお過ごしください。

 

 

●略歴

魚座 AB型

神奈川県川崎市生まれ 鳥取県米子市&川崎市育ち。

日本鍼灸理療専門学校(花田学園)卒業

卒業から現在に至るまで、パルス治療の第一人者である澤津川 勝市先生に師事。

 

鍼灸師になる前。今から20年前にハワイアンロミロミ(Lomi Lomi)と出会う。日本国内および本場ハワイで現在もロミロミを学び続ける。

 

所属:長野式臨床研究会 東京支部

   日本ロミロミセラピー協会(JLTA)

 

長年外資系のサラリーマンをやっていましたが鍼灸師に転身してから劇的に体調が良くなりました。その感動を皆様とシェアできたら嬉しく思います。

所属ではありませんが・・・鹿児島のお寺にて修行僧をしていたことがあります。

 

2016年1月末に、25年ぶりに米子に戻ってきました。また米子に住む日が来るとは全く思いもしませんでした。

子供の時には分からなかった米子、鳥取県、山陰地方の良さを新たに知る日々を過ごしています。お肉、お魚、野菜、水、何を飲食しても美味しくて、大山の風景にも毎日感動しています。